トレッキング(三上山)

ある程度天気がいい日を選んで、LA SPORTIVA 26K Bushidoの再テスト。

諸般の事情により、前回の倍近く時間をかけて登り降りした。

結論からいうと、やはり岩の上では滑りがち。もちろん多くのケースでは問題ないんだけど、ソール全体を岩に押し当てればまず滑らない、という登山靴のような信頼感はない。このジャンルはそういうものなんだろう。岩場のない低山で軽快に。当然の結論を自分でたしかめたというところ。

また、今回は10kg強を背負ったが、足裏への負担を感じた。登山靴の場合は、しっかりサポートを感じていたので、このあたりも違う。

履き比べることで、登山靴の長所がより明らかになった気がした。

なお、バックパックは、前回同様パーゴワークス カーゴ40。10kg強でも1時間半強ではまったく問題なし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です