『黄金の王 白銀の王』沢村凛(幻冬舎)読了

多感な時期にこの本を読んでいたら与えられたであろう衝撃は幾許のものかと考えると戦慄を禁じざるを得ない。

人がどう生きるべきかということについて、さまざまな面から疑問を投げかけ、かつ示唆を与える、そんな小説。

終盤の展開に納得のかない部分(説明が足りない、といったほうがいいかもしれないが)があったが、それを差し引いてもお釣りだけで家が1軒建つぐらいの価値がある。

必読。

http://www.amazon.co.jp/%E9%BB%84%E9%87%91%E3%81%AE%E7%8E%8B-%E7%99%BD%E9%8A%80%E3%81%AE%E7%8E%8B-%E6%B2%A2%E6%9D%91-%E5%87%9C/dp/4344013980

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です