『ふたりの距離の概算』米澤穂信(角川書店)読了

マラソン大会に過去のシーンをカットバックしながら、時間的制限の中で折木が謎を解く。工夫の跡は見られるが、ミステリとしては(以下略)。それより古典部メンバーが2年に進級、後輩も入り(?)、里志と摩耶花が付き合い出す……。こういった人間関係の「距離の概算」を測る青春群像劇のほうが主題。内情は知らないが、もしトリックがボトルネックとなってシリーズの歩みが遅いのなら、発送は逆転してもいいと思う。

http://www.amazon.co.jp/%E3%81%B5%E3%81%9F%E3%82%8A%E3%81%AE%E8%B7%9D%E9%9B%A2%E3%81%AE%E6%A6%82%E7%AE%97-%E8%A7%92%E5%B7%9D%E6%96%87%E5%BA%AB-%E7%B1%B3%E6%BE%A4-%E7%A9%82%E4%BF%A1/dp/4041003253

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です