『絶深海のソラリス I~II』らきるち(KADOKAWA / メディアファクトリー)読了

この小説に関しては、1巻が出た際にレビュー等でウワサを聞いて興味を持っていたんだが、その時点で読まず、2巻が刊行された直後というタイミングで読めたことは、結果として非常に幸運だった。

1巻は主人公の原動力を生み出す種となる物語で、実際は壮大なプロローグ。たいへん無残な結末を迎えるので、そこで終わってしまっていたら、相当胸が痛むし、人によっては後味悪く感じるのも無理はない。

が、1巻があってこそ2巻の展開が生きるし(というかそれがなくては2巻は存在しない)、あってこそラストのシャロンの想いとセリフがきらめきと重みを持つ。

1巻があるがゆえに、その想いが果たされるかには一抹の不安もあるが、もし果たされないとしてもそこに理由と美しさがあるのだろうという信頼感はある(ちなみに個人的に2巻の後半部は途中でネタが割れた)。

今後がおおいに楽しみな作品ができてうれしい。

http://www.amazon.co.jp/%E7%B5%B6%E6%B7%B1%E6%B5%B7%E3%81%AE%E3%82%BD%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%82%B9-MF%E6%96%87%E5%BA%ABJ-%E3%82%89%E3%81%8D%E3%82%8B%E3%81%A1/dp/4040663918

http://www.amazon.co.jp/%E7%B5%B6%E6%B7%B1%E6%B5%B7%E3%81%AE%E3%82%BD%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%82%B9II-MF%E6%96%87%E5%BA%ABJ-%E3%82%89%E3%81%8D%E3%82%8B%E3%81%A1/dp/4040674804

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です