『クトゥルフ神話TRPG リプレイ 御津門学園ゲーム部の冒涜的な活動』内山靖二郎(KADOKAWA/エンターブレイン)読了

これまた「ザ・ジャパニーズ・クトゥルフ」。

ただ少し違うのは、プレイヤー陣がラノベ小説家で、なかにはTRPGにあまり親しくない人がいるというところ。

これがよい方向に転んだか悪い方向に転んだかというと……リプレイとしてはあまり好ましくない方向になっていたのかなと。

マスターとの駆け引き、というか、プレイヤーがやりたいと思ったことをするという意味で、まさに一般人のセッションに近いので、最終的に完成する物語の魅力としては、残念ながら劣っていた。

まあこういう人たちが慣れてきて、マスターと一緒に物語を創るという目的まで見通せるようになれば、よりおもしろくなるのかもしれないが。

http://www.amazon.co.jp/%E3%82%AF%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%AB%E3%83%95%E7%A5%9E%E8%A9%B1TRPG-%E3%83%AA%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%A4-%E5%BE%A1%E6%B4%A5%E9%96%80%E5%AD%A6%E5%9C%92%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0%E9%83%A8%E3%81%AE%E5%86%92%E6%B6%9C%E7%9A%84%E3%81%AA%E6%B4%BB%E5%8B%95-%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%9F%E9%80%9A%E6%96%87%E5%BA%AB-%E9%9D%96%E4%BA%8C%E9%83%8E/dp/4047301663

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です