『はたらく魔王さま! (12)~(13)』和ヶ原聡司(KADOKAWA/アスキー・メディアワークス)読了

かなりいろんな展開があった2冊だけど、ストーリィの根幹としては、「何をしてきたのか」から「何をするのか」に主題が移りつつある。

個人的には「何をしてきたのか」の部分は非常に重要で、物語の登場人物の間で解決しつつはあっても、その他大勢のエンテ・イスラの民や魔族にとってはまったくもって未解決なので、その点は大問題だと考えている。

まあまったくなおざりにされることはないとは思うが、主題から外れつつあるところはちょっと気になる。

それとは別に「乙女たち」の心情部分については、共感できるとか心を打つとか言ったたぐいのものではないが、読んでいてもすっと馴染んでいくような印象でなかなかよかった。

まあ個人的には千穂よりも恵美や鈴乃にエールを送りたい。

http://www.amazon.co.jp/%E3%81%AF%E3%81%9F%E3%82%89%E3%81%8F%E9%AD%94%E7%8E%8B%E3%81%95%E3%81%BE-12-%E9%9B%BB%E6%92%83%E6%96%87%E5%BA%AB-%E5%92%8C%E3%83%B6%E5%8E%9F%E8%81%A1%E5%8F%B8/dp/4048692526

http://www.amazon.co.jp/%E3%81%AF%E3%81%9F%E3%82%89%E3%81%8F%E9%AD%94%E7%8E%8B%E3%81%95%E3%81%BE-13-%E9%9B%BB%E6%92%83%E6%96%87%E5%BA%AB-%E5%92%8C%E3%83%B6%E5%8E%9F%E8%81%A1%E5%8F%B8/dp/4048652052

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です