『折れた竜骨』米澤穂信(東京創元社)読了

ミステリィをファンタジィの枠組みに上手く合わせ込んだ作品。

後半の謎2つが事前に読み解けてしまったため、ミステリィとしてのおもしろさは減じたが、そうでなければもっと楽しめただろう。

とはいえ、ミステリィとしても十分にフェア(細かく言えばキリがないが)だし、なにより挑戦だし、好感を持てる作品だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です