『PG14(パラグラフ・フォーティーン)』日野亘(一二三書房)読了

14へ進む――。

ピップとなって、エクスカリバーJr.とともに冒険の日々を過ごした人間にとっては、懐かしくも恐ろしいこのフレーズがテーマとなった小説。

自らの運命の分岐が「選択*視*」として見える主人公が、その力を駆使しつつ、かつ単純に運命の流れに棹ささず、切り拓こうとする、というお話。

設定も展開もきわめてゲイム的、というか完全にゲイムのほうが向いていると読む前も読んだ後も俺の中満場一致だったんだが、小説でもまあおもしろさはあった。通常の地の文と「選択*視*」とで同じような文章を2回読まされたりする部分をもう少し工夫してもらえるといいんだが……。

ともあれ、伏線もまったく回収できていないので、続刊が出ることもあるんだろうが……やっぱゲイムでしょ。

http://www.amazon.co.jp/PG14-%E3%83%91%E3%83%A9%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%95%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%B3-%E6%A1%9C%E3%83%8E%E6%9D%9C%E3%81%B6%E3%82%93%E3%81%93-%E6%97%A5%E9%87%8E-%E4%BA%98/dp/4891992719

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です