『ノックス・マシン』法月綸太郎(角川書店)読了

久しぶりに読む法月さんの本。

SFともミステリィとも評論ともつかぬなんとも奇妙な手触り。が、ミステリィ(特に海外)の素養がある人間にとっては、非常に楽しめる作品であると思う。

表題となっている「ノックス・マシン」は、まあオチは途中で判るものの、ユニークな設定と衒学的な文章でけむにまこうとするところなんかはニヤニヤしながら読んでしまったし、「引き立て役倶楽部の陰謀」の登場キャラクター(正直知らないキャラも多いが)の造形も楽しませてもらえた。

「バベルの牢獄」の現代小説っぽさにはいまひとつ馴染めなかったが、「論理蒸発――ノックス・マシン2」のまたもやトンデモな理論には再びニヤつかせてもらった。それにもうだいぶ忘れてしまった『シャム双子の謎』『九尾の猫』を読み返したいとも思わされた。

正直、おもしろくない人にはまったくおもしろさが判らないだろうというのは想像がつく。が、俺は満足させてもらえた。

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%8E%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%82%B7%E3%83%B3-%E6%B3%95%E6%9C%88-%E7%B6%B8%E5%A4%AA%E9%83%8E/dp/4041104157

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です