トレッキング(御在所岳)

何回も計画を立てていながら、悪天候や急用などで行けていなかった御在所岳にやっと行ってきた。

中道近くの駐車場に停める。車から出ると、それほどひどくはないが一面ガスでムッとする。えらく暑いなと思いながら山行開始。いきなり結構な登り。

ゆっくり登って行くと次第に岩が増えてくる(出発前、トレランシューズで行こうという考えがちらっとだけかすめたけど、登山靴で来て正解だった)。で、このあたりからルートが判りにくい。要所要所には親切にペンキがあるんだけど、苦労して岩に取り付いて越えたと思ったらずっと歩きやすいルートと合流してた、なんてことが何回か。このあたりはいわば経験の少なさのなせる業か。

また、高度感があって怖いところがあった。もちろん普通に歩いていれば問題ないところなんだけど、もしも滑ったら……とか考えると足がすくみがち。

多少精神的なストレスも感じつつ本登山道のハイライトであるキレットに辿り着く。

御在所岳中道登山道キレット

ここは事前にネットで見ており、また実際に眺めても特に危険は感じなかった。が、いきなりこれが現れたらかなり躊躇しただろうとは思った。

ここも慎重に降り……たんだが降り過ぎて戻ることに。あまり周りが見えてなかったのか。

その後も(個人的に)怖いと思うようなところを通過しつつ山頂公園へ。暑さや精神的なものもあったんだろうか、結構疲れた。

御在所岳山頂付近

山頂公園からはいちおう山頂へ。以前ロープウェイで来たことはあるがいちおう。観光客もちらほらいた。

下りは裏道。中道に比べるとだいぶマシだけど、やっぱり怖いところはあるなと思いながらしばらく行くと河原歩きとなる。このあたりは結構楽しい。

御在所岳裏道登山道

そのまま藤内小屋を越えて進んだところでまたも道を見失う。というか裏道を進んでいるのに、裏道の方向指示板を見て、「こっちじゃないな」と勘違いをしたことが原因。幸い、土石流を止めるため(?)の巨大な鉄格子のような間をくぐって降りられた。

あとは国道に出て駐車場まで。

とりあえず感じたのはやっぱり高度感のあるところは向いていないということ。御在所岳のレヴェルが判らないけど、こんなので恐怖を感じてるようでは北アルプスなんかとても行けないだろう(もちろん槍とかは行く気もないけど、高山帯は行きたい。涼しいし)。登っていればある程度慣れはするんだろうけど……。

ともあれ今後の山行についていろいろ考えさせられるという意味で有意義だった。

(追記)
帰りに警察が登山届を回収しているところに遭遇した。初めて見たけどきちんとやってくれてるんだね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です