『オリガ・モリソヴナの反語法』米原万里(集英社)読了

なぜそう思っていたのか判らないけど、とにかく最初「単なる」ミステリィだと思って読み始めたら、なかなかに骨のあるしっかりした文章や、人の心理や歴史を鋭くえぐっていく記述に、これはきちんと読まないといけないぞと襟を正される羽目になった。

旧ソ連で起きた悲劇のうちの一つがほのかに照らし出されたかのような本作品は、その薄ぼんやりとした回りに数えきれぬほどの骸が横たわっているのが感じられるスケイルの大きな作品だった。

http://www.amazon.co.jp/%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%82%AC%E3%83%BB%E3%83%A2%E3%83%AA%E3%82%BD%E3%83%B4%E3%83%8A%E3%81%AE%E5%8F%8D%E8%AA%9E%E6%B3%95-%E9%9B%86%E8%8B%B1%E7%A4%BE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E7%B1%B3%E5%8E%9F-%E4%B8%87%E9%87%8C/dp/4087478750

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です