『特務艦「宗谷」の昭和史』大野芳(新潮社)読了

俺の世代にとっての宗谷といえば、南極観測船「宗谷」。というよりも、その前身を知る人のほうが少ないのではないかと思う。

俺もつい最近まではそうだった。ひょんなことから(というかまあ『艦これ』だ)、実は戦前から活躍する類まれな幸運艦(船)ということを聞き、興味を持って手にとったのが本書だったんだが、その波乱の生涯に驚いた。

宗谷は、耐氷型貨物船(地領丸)として誕生してから、特務艦→引き揚げ船→灯台補給艦→南極観測船→監視船と実に5度も役割を変えながら戦前から戦後までを駆け抜けた船だった。

その来歴とともに語られる歴史にはさすがに感慨深いものがある。

『艦これ』にも実装されんかなあ……。

http://www.amazon.co.jp/%E7%89%B9%E5%8B%99%E8%89%A6%E3%80%8C%E5%AE%97%E8%B0%B7%E3%80%8D%E3%81%AE%E6%98%AD%E5%92%8C%E5%8F%B2-%E5%A4%A7%E9%87%8E-%E8%8A%B3/dp/4103904070

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です