「丸太町ルヴォワール」円居挽(講談社)読了

京都の地名がいっぱい出てて、知ってる人は楽しいよ、という話を聞いたので読んでみた。

まずは序盤のペダンティックなやり取りに多少辟易しながら読み進める。

が、中盤になるとスピード感が出てなかなか楽しくなる(とある叙述トリックにも引っかかった)。

そこまではよかったんだけど、終盤の二転三転する推理劇は正直どれでもええやん、という感じ。

いわゆる「本格」でない以上、どういう結末でもありえるわけで、俺としてはあっちこっち振り回されるのは鬱陶しかった。

「論理的な解決」に対するアンチテーゼとしては双龍会をやってるわけで、そしてまたそれはおもしろく仕上がってるんだから、双龍会後の展開にはやり過ぎがあったように思えた。なお、最後のボーイ・ミーツ・ガール的展開はそれなりによかったとは思う。

続編もあるようだけど、とりあえず読む気はしないかな。

http://www.amazon.co.jp/%E4%B8%B8%E5%A4%AA%E7%94%BA%E3%83%AB%E3%83%B4%E3%82%A9%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB-%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E5%86%86%E5%B1%85-%E6%8C%BD/dp/4062773694

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です