『プシュケの涙』柴村仁(アスキーメディアワークス)読了

評価が高かったので読んでみた。

感受性豊かに読めば、たいへん切ない物語、だと思う。

が、ビミョーにミステリ的な仕掛けが入っているため、「そういう」視点で読んでいた俺には、最後まで何ごともなく終わってしまい、受けた肩透かし感が強く、カタルシスを得られなかった。とはいえ本編にも絡んでる部分なので「ヘタにミステリ要素入れるな」とも言いにくい。

中学生ぐらいでハマる人はドハマりするだろう。そういう魅力は持っている本。

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%97%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%B1%E3%81%AE%E6%B6%99-%E3%83%A1%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%B9%E6%96%87%E5%BA%AB-%E6%9F%B4%E6%9D%91-%E4%BB%81/dp/4048683853

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です