『「豊かな地域」はどこがちがうのか――地域間競争の時代』根本祐二(筑摩書房)読了

年代別の人口がどのように推移するかをグラフに描き(コーホート図)、その結果から地域の特性・問題点を把握し、人口減少・活気減退に悩む都市の処方箋とするというのが本書の主旨(だと思う)。とはいえ正直タイトルは「釣り」といっていいだろう。

最初に出てくる例は大変鮮やかでなるほどと唸らされるが、ページが進むにつれだんだんグダグダになっていき、拡散したまま終わる。

ただ、年代別人口の推移というのは重要な話だと思うけど、意外に見落とされている気もする。そこで俺もH17、H22の国勢調査を使って、地元のコーホート図を描いてみた(データの検索からグラフ作成まで所要時間は10分ほど)ところ、15~19、20~24の年代で急激に人口が増え、25~29で激減、その後は55~59までの年代で少し増えている、といった格好。

地元には大きな大学のキャンパスがあるので学生が流入。卒業と同時に就職のため他の地方へ行き人口が減るが、子育て世代がまた流入してくる――。非常に判りやすい話だった。

http://www.amazon.co.jp/%E3%80%8C%E8%B1%8A%E3%81%8B%E3%81%AA%E5%9C%B0%E5%9F%9F%E3%80%8D%E3%81%AF%E3%81%A9%E3%81%93%E3%81%8C%E3%81%A1%E3%81%8C%E3%81%86%E3%81%AE%E3%81%8B-%E5%9C%B0%E5%9F%9F%E9%96%93%E7%AB%B6%E4%BA%89%E3%81%AE%E6%99%82%E4%BB%A3-%E3%81%A1%E3%81%8F%E3%81%BE%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E6%A0%B9%E6%9C%AC-%E7%A5%90%E4%BA%8C/dp/4480066918

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です