『あなたのための物語』長谷敏司(早川書房)読了

生とはなにか、死とはなにかという問題、愛とはなにかという問題、知性とはなにかという問題、ひとつだけでも重いうテーマが、伊藤計劃ばりのSFガジェットをまといながら渾然一体となって襲い掛かってくる。

正直1回では消化しきれなかったけど、それでも考えさせられる部分は多かった。

いつかじっくり再読したいと思う。必要なエネルギーが半端じゃないが……。

ところでタイトルを見たとき、『あなたの人生の物語』のオマージュか、と思ったけど、特別な関連は感じなかった。

http://www.amazon.co.jp/%E3%81%82%E3%81%AA%E3%81%9F%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E7%89%A9%E8%AA%9E-%E3%83%8F%E3%83%A4%E3%82%AB%E3%83%AF%E6%96%87%E5%BA%ABJA-%E9%95%B7%E8%B0%B7-%E6%95%8F%E5%8F%B8/dp/415031036X

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です