『シュヴァルツェスマーケン 2 無垢なる願いの果てに』吉宗 鋼紀、内田弘樹(エンターブレイン)読了

純粋すぎる理想を掲げた者が、それを達成するために何をなすべきか(何を捨て去らないといけないか)に苦悩する。その舞台は圧倒的な撤退戦。王道的展開で文句のつけようがない。

テオドールの決意は固まったようなので、今後、カティアがどんな選択を迫られるのか。そしてアイリスディーナが非情な決断を下すことがあるのか。それともそんな場面で何かしら違う姿を見せるのか。楽しみ。

http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%AB%E3%83%84%E3%82%A7%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%B3-2-%E7%84%A1%E5%9E%A2%E3%81%AA%E3%82%8B%E9%A1%98%E3%81%84%E3%81%AE%E6%9E%9C%E3%81%A6%E3%81%AB-%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%9F%E9%80%9A%E6%96%87%E5%BA%AB-%E5%90%89%E5%AE%97%E9%8B%BC%E7%B4%80/dp/404727528X

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です