『幸福の計算式 結婚初年度の「幸福」の値段は2500万円!?』ニック・ポータヴィー(阪急コミュニケーションズ)読了

「幸福」を定量的に分析しようという挑戦的にも思われる試み。その研究から

  • 結婚は、その前後で幸福度を高めてくれるが、それはたった2年のことにすぎない
  • 子どもを持つ人は、持たない人に比べ、幸せなわけではない(子どもが生まれて数年は逆に幸福度が低い)
  • 愛する人の死にも人間は結構すぐ慣れる(ただし完全に慣れることはない)

などなど、反発する人も大勢いるような結果が導かれている。

個人的には納得できるような部分も多かったが、そういった研究を踏まえ(頭ごなしに否定するのはスマートな態度とはいえない)、結局は「自分」がどう考えるかってことだろう。

巻末にブッダの言葉が引用されていたのは、その意味でふさわしかったのかな。

http://www.amazon.co.jp/%E5%B9%B8%E7%A6%8F%E3%81%AE%E8%A8%88%E7%AE%97%E5%BC%8F-%E7%B5%90%E5%A9%9A%E5%88%9D%E5%B9%B4%E5%BA%A6%E3%81%AE%E3%80%8C%E5%B9%B8%E7%A6%8F%E3%80%8D%E3%81%AE%E5%80%A4%E6%AE%B5%E3%81%AF2500%E4%B8%87%E5%86%86%EF%BC%81%EF%BC%9F-%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%BC/dp/4484121018

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です