『のうりん 3~5』白鳥士郎(ソフトバンククリエイティブ)読了

2巻ラストであった「主人公をおいてけぼりにしてまさかのダブルヒロイン百合展開!」は早々に回収されたけど、相変わらず狂気じみた展開は続く(笑)。

が、そのなかでときおり日本の農業に関する真面目な問題提起が現れる。そのミスマッチがなんとも奇妙な感じ。

パロディ満載の最近のラノベっぽさに辟易する瞬間もないことはないけど、一種独特な感じは嫌いではない。

最後に何点か。

  • そもそも日本の農業のいびつさは補助金ズブズブで単独で「業」として成り立たないことにある。多くの農家が潰れようが、この形態をやめないと、みんなのためにならない。
  • 食料自給率云々については、いったいどういう事態を想定して自給率を高めることの重要性を説いているのか。世界で食料が足りなくなるような事態か? それとも戦争により日本が孤立する事態か? シナリオもなしに闇雲に食料自給率を上げるより、比較優位の考え方に沿って、世界の平和のために努力するほうが生産的だろう。てゆぅか、そういったケースではエネルギーの自給についてはどうすんだ?
  • ちなみにこれは当然ながら日本での農業を否定してるわけじゃない。経済学的に(あるいは趣味として)意味があるなら大いにやるべし、さもなくば、ってこと。
  • 畜産についてはどう弁解しようが「野蛮」な行為。宇宙人(邪神でもいいけど)が現れて食料にするために人間を家畜にしたとしろよ。いくら大切に世話されたとしても、最後に殺されて食われるんだとしたら、そいつの顔めがけてつばを吐くだろうに。まあそれでも苦痛のなかで殺されるよりは痛みなく殺されるほうが「マシ」だから、そういう努力はあっていいと思うけど。だからといって「ありがとう」とは言えんわな、フツー。

次からも期待。

http://www.amazon.co.jp/%E3%81%AE%E3%81%86%E3%82%8A%E3%82%93-3-GA%E6%96%87%E5%BA%AB-%E7%99%BD%E9%B3%A5-%E5%A3%AB%E9%83%8E/dp/4797368969

http://www.amazon.co.jp/%E3%81%AE%E3%81%86%E3%82%8A%E3%82%93-4-GA%E6%96%87%E5%BA%AB-%E7%99%BD%E9%B3%A5-%E5%A3%AB%E9%83%8E/dp/4797371358

http://www.amazon.co.jp/%E3%81%AE%E3%81%86%E3%82%8A%E3%82%93-5-GA%E6%96%87%E5%BA%AB-%E7%99%BD%E9%B3%A5-%E5%A3%AB%E9%83%8E/dp/4797372524

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です