トレッキング(大文字山)

年に1回、恒例の「どう旅」において、来年は富士登山はどうだろうかという話が出ている。

が、1名登山/運動慣れしていないメンバーがいるので、月1ぐらいで山に登ってみようということになり、その嚆矢として大文字山を選んだ。

京都市地下鉄東西線蹴上駅で降車し、インクラインをくぐって日向大神宮へ。最初道を間違い、南禅寺方面へ向かったのはご愛嬌。

意外に斜度がある登りをゆっくりと登る。同行者には歩き続けられる自分のペースを掴んでもらうため、とにかくゆっくりとと声をかける。

途中山科盆地を木立の合間から眺めつつ山頂へ。その間もシニアのソロやらグループやらに多く出会う。

山頂から「大文字」方面へ。視界がひらけ素晴らしい眺望。

「大文字」から眺めた京都盆地

京都市街が一望。なかなかに気持ちいい。

ひとしきり眺めを楽しんだ後、慈照寺方面へ下山。こちらも途中ルートを間違い、一般道ではない道を下ったがまあ問題なく下山。

歩行距離6.977km。低山ながら眺望も楽しめ、入門としてはなかなかいいルート。同行者も下りで筋肉を披露させたようだが、従来、登りでバテバテだったことを考えると長足の進歩。何はともあれペースを掴んでもらえれば富士だって登れるはず。

そうそう、今日はファイントラックのドライレイヤー、フラッドラッシュスキンメッシュを初投入したんだけど、同行者のペースに合わせて歩いてるとまったく汗をかかなかったので(というかメチャクチャ寒かったので、風もなかったのにウィンドシェルを羽織った(笑))、効果は実感できず。また後日レビューする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です