『ストリンガーの沈黙』林譲治(早川書房)読了

非常に贅沢な作品。エネルギー問題、宇宙で発展した人類、ファーストコンタクト……。それだけで1冊書けそうなテーマがふんだんに盛り込まれている。

頻繁に焦点を合わせ直しながら読まないといけないので、正直読む方としても頭が疲れる部分もあったけど、それこそが本書のすごさ。

まあ本書自体が続編で、おそらく筆者の中には舞台となっている22世紀の世界観というのができているんだろう。そういう作品は説得力あるよね。おもしろかった。

それと宇宙での戦闘の描写がよかった。広大な空間で戦闘を行う際のリアリティがあったな。

前作も読んでみたい。

http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%81%AE%E6%B2%88%E9%BB%99-%E3%83%8F%E3%83%A4%E3%82%AB%E3%83%AFSF%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%BBJ%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3-%E6%9E%97-%E8%AD%B2%E6%B2%BB/dp/4152086785

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です