映画『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [後編]永遠の物語』鑑賞

舞台挨拶回はチケット争いに敗れたため、T・ジョイ京都の初日初回を鑑賞。というか初回すらチケット争いが激しく、取れたのは前から3列目。座ってみるとギリギリ視線がスクリーンの端から端まで届く感じだった。なお客層は前編と同じ。

感想だが、一言で言えば「TVの劣化版」。前編もある意味そうだったけど、ストーリィが加速度的に動く後編はその傾向が顕著。

もっとも興味があった10話のEDについても、なんのひねりもなく『コネクト』を挿入。余韻もへったくれもあったもんじゃない。

はっきり言って映画は新作カットを楽しむためだけのコアなファン層向け。あえて言うならあざとい商売。

『まどマギ』については絶対的にTV版がおすすめ。これから見る人には、1話ごとにいいところで切られ、地団駄を踏む感覚をぜひ味わってほしい(笑)。

そしてなによりなんとなく毎回聞いていたOPの『コネクト』が10話のEDで流れた時の衝撃を味わってほしい。

まあ映画版でよかったのはOPのまどほむの絡みかなあ。けどそれもTV版を見終わってるからこそとも言える。やっぱりファン向けだね。

でもって映画第3弾『叛逆の物語』。蛇足になってしまわないかという危惧はあるが、完全新作という意味で安心して期待できるところもある。そして書いておきたいのは虚淵作品でいわゆる「ハッピーエンド」は1つもないということ。ただの1つもな! どんなエンディングでもその時点では(一時的に)幸福であったとしても必ず将来に影が落ちてる(『ファントム』のアインエンドはうまく行けば平穏な生活……とも考えられるけどムリだろ)。よって『叛逆の物語』もそうであることに1000ペリカ!

最後に特典でもらったフィルムはさやかと杏子が戦うシーンでのまどかとの3ショットだった。個人的には外れ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です