続・ビブラムファイブフィンガーズ KomodoSport-LS

ビブラムファイブフィンガーズを履いてしばらく走った結果、9/20のファーストインプレッションから印象が変わった部分があったので書いておこうと思う。

フォアフットについて
3日ほど連続でいつものように走っていると、ふくらはぎの痛みがかなり増してきたので、走行距離を短くしてだんだんと延ばしていくことにした。その際気づいたんだが、従来の踵が地面に触れるどうかぐらいの走り方ではなく、拇指球と第五指の付け根を結んだあたりで着地→つま先着地→踵もある程度しっかり着地(路面状況等によってはほとんど着地しないケースもある)、という走り方に自然と変わってきた。

スピードについて
当初は遅くなっていたスピードだが、次第に速くなってきた。タイムを取っていないので正確なところは判らないが、もしかするとすでに従来より速くなっているかもしれない。とにかく足裏のバネ(アーチ)を利用して走るため、テンポが上がった気がしている。

まだ走行距離を延ばしていってる状態なので判らないけど、これでふくらはぎの筋肉痛が完全になくなるようになるとどうなるのかという興味は非常にある。あと、この状態で従来のシューズを履くとどうなるのかってのも興味があるな。これについてはもう少ししたら試してみようかと思っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です