『ビブリア古書堂の事件手帖 1~3』三上延(アスキーメディアワークス)読了

おそらくこのシリーズなんかが、従来のラノベと文芸書の境界線上にできてきた新しいカテゴリに位置するんだろうな。古書をめぐるちょっとペダンティック、ちょっとミステリ、ちょっとハートフル、ちょっと青春――。

いずれの要素もなかなかバランスよくまとまっており、テンポよく読める。ゴミのようなラノベに比べれば非常に良質。作りがラノベでもこういう書籍が増えていけば、総体的には喜ばしいことなんじゃないか。

各巻で数冊ずつ、計十数冊の書籍が取り上げられてるんだけど、そのうち読んだことがあったのが、ロバート・F・ヤングの『たんぽぽ娘』だけ。もちろんそれほど「一般的」でない書籍が選ばれてはいるんだろうけど、にしてもなあ……。おまけに『たんぽぽ娘』読んだのだって『CLANNAD』からだし(笑)。

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%93%E3%83%96%E3%83%AA%E3%82%A2%E5%8F%A4%E6%9B%B8%E5%A0%82%E3%81%AE%E4%BA%8B%E4%BB%B6%E6%89%8B%E5%B8%96%E2%80%95%E6%A0%9E%E5%AD%90%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%A8%E5%A5%87%E5%A6%99%E3%81%AA%E5%AE%A2%E4%BA%BA%E3%81%9F%E3%81%A1-%E3%83%A1%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%B9%E6%96%87%E5%BA%AB-%E4%B8%89%E4%B8%8A-%E5%BB%B6/dp/4048704699

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%93%E3%83%96%E3%83%AA%E3%82%A2%E5%8F%A4%E6%9B%B8%E5%A0%82%E3%81%AE%E4%BA%8B%E4%BB%B6%E6%89%8B%E5%B8%96-2-%E6%A0%9E%E5%AD%90%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%A8%E8%AC%8E%E3%82%81%E3%81%8F%E6%97%A5%E5%B8%B8-%E3%83%A1%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%B9%E6%96%87%E5%BA%AB-%E4%B8%89%E4%B8%8A/dp/4048708244

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%93%E3%83%96%E3%83%AA%E3%82%A2%E5%8F%A4%E6%9B%B8%E5%A0%82%E3%81%AE%E4%BA%8B%E4%BB%B6%E6%89%8B%E5%B8%963-~%E6%A0%9E%E5%AD%90%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%A8%E6%B6%88%E3%81%88%E3%81%AA%E3%81%84%E7%B5%86~-%E3%83%A1%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%B9%E6%96%87%E5%BA%AB-%E4%B8%89%E4%B8%8A-%E5%BB%B6/dp/4048866583

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です