『われ敗れたり―コンピュータ棋戦のすべてを語る』米長邦雄(中央公論社)読了

米長永世棋聖VSボンクラーズ。この一戦には非常に興味を持っていたので、ニコ生での中継も見たし、いろんな記事も読んだ。そんな情報を追ってた身からすると、さほど目新しい話はなかったけど、この一戦をまとめたものとしては非常に判りやすかった。

ただ、ひとつ驚きだったのは、米長さん自身が、将来におけるコンピュータの優位を完全無欠・確実なものと認識していたこと。少なくとも心のなかでは「コンピュータが進歩しても(苦しいことは間違いないが)人間にも勝っていける道はある」という思いを持ってるのかと思ってたから。

個人的にこれは非常に健全な姿勢だと思う。この点を直視しておかないと、将棋にとってもコンピュータにとってもいびつな事態が起こりかねない。走るのが自動車に負けたって人間同士の競走に意味がなくなるわけじゃないんだから、人間がコンピュータに負けることだって、ひとつのメルクマールとして捉えればいいと思う。

とはいえ、遠い未来、二人零和有限確定完全情報ゲームとして将棋が完全に解析されたとすると……はたしてその先に何があるのか。これは難しい問題だよねえ……。

http://www.amazon.co.jp/%E3%82%8F%E3%82%8C%E6%95%97%E3%82%8C%E3%81%9F%E3%82%8A%E2%80%95%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BF%E6%A3%8B%E6%88%A6%E3%81%AE%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6%E3%82%92%E8%AA%9E%E3%82%8B-%E7%B1%B3%E9%95%B7-%E9%82%A6%E9%9B%84/dp/4120043568

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です