『投資の科学 あなたが知らないマーケットの不思議な振る舞い』マイケル・J・モーブッシン(日経BP社)読了

投資におけるモダンな「常識」をさまざまな分野での例とリンクさせながら短く紹介しており、非常に判りやすい。

基本的には金融・投資の世界を俯瞰してるんだけど、ときどきぐっと近づいて、具体的な投資ルールなども触れてあったりする。

個人的にいくつか気になったことをまとめておく。

  • 「リスク」と「不確実性」を分けて捉える(ブラックスワン)
  • 市場はたいていの場合効率的だが、ときとして非効率に陥る(そしてその瞬間こそに裁定のチャンスがある)
  • PERは「税制とインフレ」「経済の資産構成の変化」「株価リスクプレミアムの変化」などの要因により非定常的であるため、指標としてたいして役に立たない。総じて過去のデータはよくても参考程度にしかならない。
  • 原因と結果は必ずしも結びつくものではない(カオス、後知恵バイアス)。
  • 正規分布ではなくべき乗則を。

うん、やっぱり投資は本気で考えるとおもしろいよね。

http://www.amazon.co.jp/%E6%8A%95%E8%B3%87%E3%81%AE%E7%A7%91%E5%AD%A6-%E3%81%82%E3%81%AA%E3%81%9F%E3%81%8C%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%AA%E3%81%84%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%AE%E4%B8%8D%E6%80%9D%E8%AD%B0%E3%81%AA%E6%8C%AF%E3%82%8B%E8%88%9E%E3%81%84-%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%B1%E3%83%AB%E3%83%BBJ%E3%83%BB%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%B3/dp/4822245519

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です