『ペンギンもクジラも秒速2メートルで泳ぐ―ハイテク海洋動物学への招待』佐藤克文(光文社)読了

データロガーを動物に装着することで、その生態を明らかにしていくという「バイオロギングサイエンス」。

この新しい学問で得られた知見を、筆者の体験をもとに判りやすく楽しく解説している。

こういった書籍は、最前線の科学に触れられることもさることながら、どのような工夫で研究を行うかという記述が興味深い。ハイテクの塊と思われるような分野でも、壁を打破した方法が意外なほどアナログであったというケースは多い。

天才による閃きだけが扉を開くのではない(たゆまぬ努力は必要!)ということは、なんとなく気分をおもしろくさせてくれる。

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%9A%E3%83%B3%E3%82%AE%E3%83%B3%E3%82%82%E3%82%AF%E3%82%B8%E3%83%A9%E3%82%82%E7%A7%92%E9%80%9F2%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%AB%E3%81%A7%E6%B3%B3%E3%81%90%E2%80%95%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%86%E3%82%AF%E6%B5%B7%E6%B4%8B%E5%8B%95%E7%89%A9%E5%AD%A6%E3%81%B8%E3%81%AE%E6%8B%9B%E5%BE%85-%E5%85%89%E6%96%87%E7%A4%BE%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E4%BD%90%E8%97%A4-%E5%85%8B%E6%96%87/dp/4334034160

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です