『氷菓』米澤穂信(角川書店)読了

アニメの1話を鑑賞後、いったいどういう展開になっていくのかよく判らなかったので原作を読んでみた。

まず感じたのは主人公に対する不快感。『涼宮ハルヒ』シリーズのキョンにも似ているが、斜に構えている割には流されていく主体性のなさ。物語の原動力とならない主人公に食傷気味の今日この頃だけど、特にこの手の輩にはウンザリ。まあでも後半には慣れた。

ストーリィについては、アニメの1話にあたる部分は導入で、その後中核となる話があった。ほろ苦青春小説という体で、出来はまずまず。ただ、これを「ミステリ」とラベリングするのは勘弁願いたい。

そもそもアニメのために読んだ本作なので、アニメについても書いておくと、とにかく映像の質が非常に高い。京アニの面目躍如。しかしなんでよりによってこれをアニメ化したんだという疑問はあったが、『けいおん!』にせよ『日常』にせよ、京アニって新しいジャンルに挑戦してたんだよな。そう考えると判らなくもない。

http://www.amazon.co.jp/%E6%B0%B7%E8%8F%93-%E8%A7%92%E5%B7%9D%E6%96%87%E5%BA%AB-%E7%B1%B3%E6%BE%A4-%E7%A9%82%E4%BF%A1/dp/4044271011/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1336785529&sr=8-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です