PC『ランスIX ヘルマン革命』プレイ

コンプリートしたので感想を。

よくも悪くも「平均的な18禁大作」。最近のランスシリーズの傾向ではあったけど、よりそれが顕著。

CGのクウォリティ、サウンドのクウォリティともにシリーズとしては最高だろう。特にサウンドはランスシリーズとは思えないカッコよさがあった。そしてシナリオは王道ど真ん中。ミネバやハンティの最期、パットンの戴冠なんかは、シリーズをプレイしてきた身としては感慨深いものがある。けど、それってランスシリーズなの?

なによりの違和感はランスとヒロイン(かなみ、志津香)のキャラ崩壊。ランスは中途半端にいいヤツだし、あれだけランスを嫌ってたヒロイン達があっけなくデレる(まあチョロいかなみはおもしろかったけど)。シーラだってランスに好意を持つようになるのは理解できなくはないけど、シンプルに納得はできない。

完結が近づき、大団円にもっていくためにまとめようとしているんだろうけど、いかにも性急な印象を受ける。ランス達も年月とともに成長したと無理やり納得しておくしかないか……。

システム的にはSRPGなんだけど、戦術性も低く、周回プレイの楽しみもない。アリスソフトなのに……。

ともあれ厳しい意見もランスシリーズが好きだからこそ。泣いても笑っても次で完結(外伝は出るみたいだけど)。俺以外にもおそらく多くのファンが期待しているはず。18禁ゲー史上最高傑作の『鬼畜王ランス』という壁を乗り越えることができるのか。刮目して待ちたい。

P.S.そうそう、それとミラクル。個人的には好きなキャラだけど、なんでここにきて魔法LV3が登場するの?? って感じ。特に直接ストーリィに関わるわけでもなし……。おまけにHシーンが使いまわしという。判らんなあ……。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00JITTPA0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です